Unit Pico Official Site

NEXT STAGE

ゆにっと・ぴこ演劇企画公演
「お勝手の姫」

可笑しくてクスリと笑ってしまうのに、どこか心にひっかかる、小川未玲1998年の戯曲。
大人たちが繰り広げる、上質なハートフルコメディをお楽しみに。

特設サイトはこちら

【あらすじ】

とあるレストランで向かい合う男と女は、お見合いの真っ最中。

「今日会う人と結婚するって決めてるの」と女は言い、男は、「誰とも結婚したくないんです」と訴えるが、2人の話は平行線。
そこへ、別のお客がやって来る。
1人は、以前男が学んだ大学の教授・七ツ森。
その隣には、教授を「ジョルジュ」と呼ぶ、ひどく上品な仕草の女性。
彼女は、自分のことを「姫」と勘違いしているらしい……。

丁寧だけど、時々行動がおかしいギャルソン。さらに空気を読まない叔母さんまでやってきて、事態は混沌を極めていく。
果たして「事は何もかも上手く」進むのか?

【作】

小川未玲

【演出】

やまさきさとか

【日時】

2022年
5月14日(土) 15:00~/19:00~
5月15日(日) 14:00~/18:00~

【会場】

クリエイティブ・スペース赤れんが ホールⅠ
   (山口県山口市中河原町5-12)

【料金】

前売・当日一律 1,500円
ペアチケット(2枚組) 2,000円 ※2人同時のご入場をお願いいたします

【ご予約】

※お席に限りがございますので、ご来場の際はご予約を お願いいたします。
(当日の空き状況により、当日チケットの販売をいたします)

予約フォームはこちら


【小川未玲】

劇作家。神奈川県横須賀生まれ。

4歳のある日、絵本と台本付きのレコードを両親から買い与えられる。
その日から、45作もの有名童話が歌満載で語られる全12巻のこのレコードを、毎晩毎晩とっかえひっかえ聴きながら眠る、という生活を中学卒業まで続ける。

1993年、テアトル・エコー創作戯曲募集において『深く眠ろう、死の手前ぐらいまで』で佳作入選。
2018年、『深く眠ろう、死の手前ぐらいまで』で第39回ソウル演劇祭に公式参加。
この他にも、『もやしの唄』『ジュリエットたち』が韓国語に訳され各地で上演。

以降、マイペースに戯曲・物語を執筆。

【キャスト】

七ツ森・細田昌宏(劇団シバイヌ)

姫・とだか

男・真島幸輝

女・江上史華

叔母・宮﨑萌美(劇団シバイヌ)

ギャルソン・堀池英二

健太・田中敦

【スタッフ】

瀬川雅博

廣中歩(劇団シバイヌ/チームごった煮)

宗像幸佑(演劇ユニット・石ころ)

井上美思(演劇ユニット・石ころ)

因幡勇治(touch the bonnet)

中野志保(ユニット・ピコ)

【後援】

山口市、山口市教育委員会、(公財)山口市文化振興財団